カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

採寸の方法

採寸図

●採寸の前に

着心地のよい洋服を作る場合、寸法をなるべく正確に測ることが大切です。一人で測るのはなかなか大変なところも多いので、鏡を活用しながら他の人に手伝って貰うとより正確に測ることが出来ます。また、普段つけている下着などを着てきつくならないように測ると良いです。
またここに表記しているものは基本的な部分のため、より詳細な寸法が必要かどうかは担当とご相談のうえ測定願います。

 

●ヌード寸法の測り方

下記寸法ほかお客様の身長をお願いします。

1.胸囲(バスト)

乳房の最も突出している点を通って水平に一周して計測します。
後ろ下がりで測ると寸法が減少してしまうので注意。

2.胴囲(ウェスト)

最も凹んだ位置を水平に一周して計測します。
お腹の出ている方は最も出ているところで水平に一周してください。

3.腰周り(ヒップ)

お尻の最も高い位置で水平にして測りますが、おなかの出張り部分を含めるように画用紙などを当てて水平に測ります。画用紙を当てずに計測する場合は少し余裕をもたせた数値。

4.袖丈

リラックスして腕を下ろした状態で、肩骨の頂点中央から手首の突出した骨までの長さを測ります。ノースリーブの場合は採寸しなくても大丈夫です。

5.肩幅

肩骨の頂点中央から頸椎を経由して、もう片方の肩骨へ通します。
ゆるめんカーブを描くように計測してください。

6.背丈

上記画像、の頸椎からウェストの水平ラインまでを測ります。
肩甲骨の突出分として0.7〜1cmほど加えます。

7.股上

お股ポイントを分かりやすくするため物差し(雑誌やCDケースなど直角があればOK)を股に挟み、ウェストから物差しの上端までの長さを測ります。

8.股下

上記画像では、お股ポイントからくるぶしの出っ張りまでの長さになっていますが、素足(靴下を履いた状態)の接地面までの長さでもOKです。
ズボンやスカートの場合靴やデザインによって仕上がり寸法は変わるのでご注意ください。

 

●ヌード寸法と仕上がり(出来上がり)寸法

ヌード寸法は、下着を着用した体の実寸の寸法になっていて、仕上がり寸法は、体の実寸を元に服を着ても動きやすいように「余裕(ゆるみ分)」を加味したサイズになっています。衣服の用途目的やデザイン・生地の質感によって変わってくるのが仕上がりサイズです。
「肩や腕があがらない」「パツパツで歩きにくい」「立ったり座ったりが出来ない」といったことがないように衣服として使いやすいちょうど良いサイズ感を探すのはなかなかに大変です。
着物リメイクやお仕立てでは、「動きやすいサイズ」や「ある程度動きやすさのあるタイト」「仕事の関係上動きやすい服が良い」と言った言葉の表現の他に、可能なら具体的な数値を頂けると嬉しいです。
例えば元となるアイテムがあればとご一緒に送って頂くか、普段着ていて楽なアイテムサイズの仕上げ寸が分かると良いです。

ちなみに、インターネットでの買い物で多くは仕上がり寸で表記されています。
ヌード寸法に関してはJIS規格で平均値が定められていて(そのため細かい寸法が合わなかったりしますが)、概ね日本の既製服は規格値を元にメーカーやブランド毎に数センチ寸法を加味したものを仕上げサイズにしています。
どれぐらい足すかなどはメーカーやブランド、国・地域・人で考え方や感覚が違うのが難しいところです。